会計ソフトを使うとき消費税は税込み入力?税抜き入力?

税込み入力と税抜き入力とは

会計ソフトでは、消費税は税込み入力と税抜き入力を選択することができます。

税込み入力は消費税込みの金額を入力して、本体価格と消費税を自動計算します。たとえば、取引金額を108円と入力すれば、会計ソフトが本体価格100円と消費税8円に区分してくれます。

一方、税抜き入力は本体価格で入力すると、消費税と取引金額(税込価格)が自動計算されます。たとえば、本体価格100円と入力すると、会計ソフトに消費税8円と取引金額108円がインプットされます。

会計ソフトの機能によって、税込み入力と税抜き入力はメリットとデメリットが決まりますが、会社や入力担当者のやりやすい入力方法を選択することがポイントになってきます。

税込み入力と税抜き入力のメリット

ここからは税込み入力と税抜き入力のメリットを見ていきましょう。

まず、税込み入力のメリットは小口現金での出費やクレジットカード明細書など税込価格で表示されている書類を参照して入力するのに適してします。たとえば、通販サイトでパソコンをクレジットカード払いしたとします。クレジットカード明細書は税込価格で表示されるため、税込み入力をしたほうが便利です。言い換えれば、税抜き入力のデメリットともいえます。

一方、税抜き入力のメリットは得意先への請求書や車の購入費用の明細書など別途本体価格が表示されている書類を参照して入力するのに適しています。たとえば、営業車を購入して、本体価格には消費税が課税されますが、税金などは非課税とします。税抜き入力をすることで、課税または非課税を区分する作業が省略できます。言い換えれば、税込み入力のデメリットともいえます。

© Copyright Accounting Software Advisory. All Rights Reserved.