会計ソフトで仕訳がしやすくなる機能に何がある?

自動的に仕訳作成をしてくれる機能

会計ソフトを利用するとき、必ずしないといけないのが仕訳入力です。会社や個人事業において、資産などの変動がある取引があったときに行う必要があります。簿記や経理の知識がないと行えませんが、それほど難しくないので入力する時には少し勉強すると良いかもしれません。仕訳入力には同じような仕訳をたくさん入力しないといけないときがあり、面倒に感じるかもしれません。会計ソフトの中には仕訳の入力がしやすくなる機能を搭載しているものがあり、その一つが自動仕訳入力機能です。銀行取引情報や鉄道のICカード情報などから基礎情報を取りだし、それを元に仕訳を自動的に作成くれます。取引先からの入金の仕訳であったり、交通費の発生の仕訳などなら自動的に行えます。

定期的に発生する仕訳を登録しておける

それぞれの会社には業種があり、販売会社なら仕入れ業務と販売業務などを主に行っています。製造業であれば材料の仕入れ、製造、そして販売が主な業務になるかもしれません。会社で発生する取引を会計ソフトに入力していくとき、その大半は主業務に関わる内容になり同じような仕訳を入力するケースがあります。会計ソフトには仕訳がしやすくなる機能として、定期的に発生する仕訳の登録ができるものがあります。特定の仕入れ先からの仕入れの仕訳を起こすとき、あらかじめ登録されていた仕訳を呼び出します。後は金額を入力すれば入力が完了します。その都度科目を入力したり摘要を入力する手間がないので、どんどん入力作業を進められるでしょう。仕訳のミスも減らせます。

© Copyright Accounting Software Advisory. All Rights Reserved.