入力しなくても使える会計ソフトってどんな仕組みなの?

取引データを自動で読み取る

従来の会計ソフトでは、領収書や請求書、預金通帳の内容をひとつひとつ手入力していくのが通常でした。しかし今では、その面倒な手入力作業を自動で行ってくれる会計ソフトが存在します。あらかじめ銀行口座やクレジットカードの情報を登録しておけば、その取引内容を自動で取得して入力してくれるため、ユーザーはその内容が正しいかどうかを確認するだけでよいのです。領収書やレシートはスキャンしてデータ化する必要がありますが、そのデータから日付や金額、取引先などの情報を取り込んでくれます。また、電子帳簿保存法が改正され、要件を満たして保存したスキャナデータがあれば原本は廃棄できるようになりました。これなら、大量の領収書やレシートの保管に困ることもありませんね。

読み取った情報を自動で仕訳する

簿記の知識がない人や経理の経験がない人にとって、いまいちよく分からないのが仕訳でしょう。すべての取引は仕訳のルールに従って分類され、最終的には決算書や確定申告が作成されます。この仕訳作業も従来は手入力で行っていましたが、自動仕訳機能のある会計ソフトでは入力の手間が省かれました。最初にいくつかの基本パターンを設定しておくことで、それ以降は同じような取引があれば設定項目に従って自動的に入力されます。また、学習機能が備わっている会計ソフトもあり、取引の数が多くなれば多くなるほど自動仕訳の精度が上がっていくそうです。このように取引の入力から仕訳、確定申告の作成まで自動化できることは、面倒な経理作業から解放されて大幅な時間削減につながるでしょう。

© Copyright Accounting Software Advisory. All Rights Reserved.