会計処理サポート

会計ソフトを使うとき、取引を仕訳として入力しないといけません。簿記や経理の知識がないと入力が難しいとされていますが、会計ソフトによっては入力をサポートしてくれる機能が付いているものがあります。経理が苦手でも使いやすくなっています。

会計ソフトを使うとき消費税は税込み入力?税抜き入力?

会計ソフトでは、消費税は税込み入力と税抜き入力を選択することができます。税込み入力は消費税込みの金額を入力して、本体価格と消費税を自動計算します。たとえば、取引金額を108円と入力すれば、会計ソフ…

More Info...

会計ソフトで仕訳がしやすくなる機能に何が ある?

会計ソフトを利用するとき、必ずしないといけないのが仕訳入力です。会社や個人事業において、資産などの変動がある取引があったときに行う必要があります。簿記や経理の知識がないと行えませんが、それほど難し…

More Info...

入力しなくても使える会計ソフトってどんな仕組みなの?

従来の会計ソフトでは、領収書や請求書、預金通帳の内容をひとつひとつ手入力していくのが通常でした。しかし今では、その面倒な手入力作業を自動で行ってくれる会計ソフトが存在します。あらかじめ銀行口座やク…

More Info...

どこでも会計処理

クラウドタイプの会計ソフトはデータはどこに保存するの?

会計ソフトと言えば、以前は1台のパソコンにインストールして使用することが普通でした。それがネットワーク対応可能となり、ネットワーク上の何台かにインストールして情報を共有できるようになり、今ではクラ…

More Info...

クラウドタイプの会計ソフトはスマホで使える?

会計ソフトといえば、従来はパソコンにインストールして使うのが一般的でした。その会社の重要な会計情報が入っているので、自由に触れないようにしているところもありました。会計情報の重要性は今も変わりませ…

More Info...

クラウドタイプの会計ソフトの利用料金の仕組みは?

お試し期間であれば無料で利用も可能

会社や個人事業を行うとき、どうしても経理業務が必要になります。法人税や所得税の申告が必要になるので、そのための処理として経理をしなければいけません。取引が少なければ手作業でも可能ですが、会計ソフトを利用すればかなり効率的に処理できるでしょう。今はインストールをして利用するタイプだけでなく、クラウドタイプの会計ソフトが利用できます。このサービスの料金体系として無料の言葉を見かけるかもしれません。一応一定期間は無料で利用できますが、ずっと無料で使える訳ではありません。お試し期間の1か月や3か月が無料で、それ以降利用したいときにはきちんと契約をする必要があります。ただお試し期間でもほぼ通常通りの機能が使えるので、無料期間を利用してソフトの選定をするとよいでしょう。

ソフト利用の契約をすると毎月料金を支払う

会計ソフトにはインストール型とクラウド型があります。インストール型は家電量販店で販売されていたり、ソフト会社のホームページからダウンロードをしてソフトを入手します。購入時にお金を支払えばそれ以降支払う必要はありません。ではクラウド型の会計ソフトの料金の仕組みはどうなっているかです。毎月の料金が決められていて、契約期間中はその料金を支払い続けます。仕訳量などで料金が変わるようになっていて、少ない仕訳量であれば最も少ない料金で済むでしょう。金額としては千円以下で利用できる時もあります。仕訳量が多くなったときはそれに対応した契約に変更すれば、それ以降も利用ができます。料金の支払いを止めると使えなくなるので注意しないといけません。

© Copyright Accounting Software Advisory. All Rights Reserved.